2009年06月14日

「皇」を「王」に格下げして喜ぶ韓国

「皇」を「王」に格下げして喜ぶ韓国

「皇」を「王」に格下げして喜ぶ韓国

 知り合いの韓国人から電話があり、いきなり「おめでとう!」といわれた。「えっ、何かありましたっけ?」というと「ご親王誕生おめでとう!だよ」といわれてやっと分かった。日本統治時代に育った年配の韓国人にはこんな反応を示す人もいる。「紀子さま男子ご出産」の日本発ニュースは韓国でも関心を持たれ、マスコミも珍しく(?)批判抜きで大きく伝えていた。
 それでも「日本、王政時代に戻ったよう」とか「王室は21世紀にも“日本の中心”確認」などといった皮肉まじりの見出しをつけた新聞もあった。「王政に戻った」のではなく日本は明治時代以来、基本的には英国などと同じような「立憲君主制」だし、戦後も天皇つまり皇室は「国民統合の象徴」として国の中心なんですがねえ。ただ共和制になっている韓国人にとっては好奇とちょっぴり羨望(せんぼう)?の対象ではあるようだ。
 ところで韓国マスコミは相変わらず天皇、皇族、皇室…の「皇」を嫌い、格下げの意味で王、王族、王室…と書いている。ほぼ唯一、韓国日報を例外に。ところが国際感覚の英字紙は天皇はキングではなくエンペラーと書いている。もちろん中国のマスコミも「天皇」だし、欧米はエンペラーである。韓国の大多数マスコミだけが依然、勝手に「王」にしている。(黒田勝弘)
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(3) | TrackBack(0) | 韓国報道

2008年10月11日

韓流〜韓国映画と韓国ドラマ〜

92年 MBCテレビ「憤怒の王国」
    ドラマに「天皇の狙撃」という場面があり、この狙撃の場面に実際に行われた「即位の礼」の映像が使
    われていたことから、外交問題になりかけた。
    日本政府の抗議に、MCB側はテロップで「このドラマはフィクションです」と付け加えるだけだった.. 

95年:映画「ムクゲの花が咲きました」
    韓国の大続領が、「東京、大阪、名古屋、神戸、京都、この五都市に広島級原爆の五倍の威カがある核爆弾を投下する、
    東京は広いからその三倍落してやる!」と叫んだ後、実際に投下する。
    この映画を見て韓国民は「早く日本を滅ぼせ!」と大合唱し、韓国・映画振興公社選定の「良い映画」にも選ばれた。

99年:映画「幽霊(ユリョン)」
   韓国の潜水艦が日本に核ミサイルを撃ち込もうとする内容。実際は打ち込まなかったので韓国人に不評だった。
   この映画は99年度映画興行順位の八位.にランキングされた。

01年:映画『サウラビ』
   日本刀で武装した百済人が日本を開拓して植民地にする内容。製作した監督は、根拠もないのに「歴史的事実を元
   に製作しました。日本人の祖先は韓国人です。」と、欧米に宣伝して回った。

06年:映画『韓半島』
   南北統一の日が近づく近未来。なかなか進展しない南北統一に嫌気が差した韓国大統領は、「日本の妨害活動が
   原因だ」と被害妄想を膨らまし、日本に核ミサイルを撃ち込む計画を極秘裏に指揮した。そして国産映画としては、
観客動員が11週ぶりの1位を獲得した。
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(18) | TrackBack(0) | 韓国報道

2008年04月05日

2006年12月25日

韓流ってナニ?


韓流


(大爆笑)
タグ:韓流 捏造
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(1) | TrackBack(0) | 韓国報道

2006年11月04日

毎日新聞佐賀支局記者に批判の嵐…抗議メール、電話殺到 知事への質問で両陛下ご出席の行事「もったいない」

毎日新聞佐賀支局記者に批判の嵐…抗議メール、電話殺到
知事への質問で両陛下ご出席の行事「もったいない」


記者の質問をめぐり抗議が殺到した毎日新聞社=東京都千代田区
 毎日新聞佐賀支局の男性記者の会見質問が波紋を広げている。佐賀県の古川康知事の記者会見で、天皇、皇后両陛下の同県ご訪問の費用について「もったいない」などと繰り返し質問したことにネット掲示板などで批判が続出しているのだ。毎日新聞には苦情が多数寄せられており、騒動が収まる気配はない。

 騒ぎの火種は9月28日の記者会見。記者は10月29日に天皇、皇后両陛下がご出席されて行われる第26回「全国豊かな海づくり大会」をめぐり、知事にこう質問したのだ。

 「今回の行事に、天皇と皇后が佐賀に来ることの意味って何ですか」

 「いろいろとお金も人もかかりそうなんですけれども、このお二人が佐賀に来るということで。そこまでする価値があるんですかね」

 「仮に1000万円だとしても、今の県の財政状況を考えたら、それすらもったいない気がするんです、僕」 「今回もやっぱり小旗を振るような動員はされるわけですかね」

 この質問は記事にはならなかったが、会見の一部始終が佐賀県の「こちら知事室です」というHPで中継されたうえ、一問一答が同HPで文字化。一部動画サイトにも動画が残っていた。

 このため、先月下旬から、ネット掲示板「2ちゃんねる」などで注目されはじめ、記者の質問について「口調が失礼」「敬語の使い方を知らないとは社会人として失格」「イデオロギックな側面丸出しで食い下がってる所はありえない」といった批判が相次いだ。

 さらに、在日朝鮮人とされる記者の過去の取材情報がネット上に集められているうえ、毎日新聞に電話で抗議する「デントツ」も多発。同記者の名刺や顔写真とされる画像もアップされる事態にまで発展している。 

 佐賀県危機管理・広報課によると、1日までに、この問題で県庁に寄せられた電話やメールは約130件。記者に批判的内容が大多数という。

 一方、毎日新聞には先月末から批判が多数寄せられ、佐賀支局長が記者を、「誤解を招く質問だった」と注意したという。

 同社社長室広報担当は「記者の質問は言葉遣いや態度に節度を欠くものがあった。また、『全国豊かな海づくり大会』そのものが、天皇、皇后両陛下のご出席と切り離せない行事であるとの認識を欠き、不勉強だった」とコメント。記者の個人情報が流出している点については「個人への攻撃を引き起こしかねない状況につながり、憂慮している」としている。

ZAKZAK 2006/11/04
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(6) | TrackBack(0) | 韓国報道

2006年10月16日

捏造新聞で有名な朝日新聞に捏造するなって(笑)

「おごるな」と毎日が 朝日社説に苦言


毎日はコラムで「おごるな」と朝日に苦言
2006年10月16日付けの毎日新聞で、朝日新聞の社説が「おごるな」と苦言を呈された。新聞業界で、他紙の記事を批判するのは珍しいうえ、「毎日VS朝日」も極めて異例だ。

毎日に苦言を呈されたのは06年10月12日付け朝日新聞の「君子豹変ですか」と題された社説。「拝啓 安倍晋三様」ではじまる社説の中で、同紙は次のように述べる。

「これじゃ朝日の主張と変わらないよ」
「半年前を振り返ると、私たちは不安でいっぱいでした。なぜかといえば、首相になるまでの安倍さんの言動が、私たちの言動とあまりに隔たっていると思ったからです。(中略)けれど目下のところ、私たちの心配は杞憂だったようです」
そして、安倍首相が村山談話を受け継ぐと表明したこと、従軍慰安婦問題で河野官房長官談話を認めたこと、教育再生会議のメンバーでは保守派の起用は限られ、バランスが取れていること、について同紙社説は「君子は豹変す、と申します」と安倍首相を皮肉る。さらに、「『これじゃ朝日の主張と変わらないよ』。旧来の安倍さんに期待した人たちからは不満も聞こえてきそうです」。さらに、

「残念なのは、あれほどこだわってきた持論をなぜ変えたのか、その説明が足りないことです」
と批判している。

「本当は首相の軌道修正が悔しかったのでは」
これに対し、06年10月16日朝刊の毎日新聞はコラム「発信箱」の欄で論説室の与良正男氏の「本当は悔しい?朝日新聞」を掲載している。与良氏は、このコラムのなかで、朝日の社説の「『これじゃ朝日の主張と変わらないよ』〜」について、

「ここに、朝日のおごりを感じないわけにはいかない」「修正すると今度は嫌味のオンパレードである」
と評した。この社説について「おごるな」と言っているに等しい表現である。さらに同氏は、この社説について「邪推」としながら次のように語る。

「本当は朝日は首相の軌道修正について悔しかったのではあるまいか。もっとイケイケドンドンの安倍首相らしさを出してもらった方が批判がしやすいのに……そんな思いが行間ににじみ出ている気がするがどうだろう」
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国報道

2006年09月11日

MBC、興奮したファン400人に消火器噴射

MBC、興奮したファン400人に消火器噴射

 MBCの警備員が『ショー!音楽中心』を観覧できず、テレビ局前で待っていた人々に消火器を噴射したが、MBC側は大型事故を防ぐためだったと釈明した。

 今月9日、ソウル汝矣島MBC放送センター前には『ショー!音楽中心』を観るため、普段より2倍近い観覧客が集まった。この日、中国人歌手の張力尹と一緒に舞台に上がる東方神起のジュンスを見るために集まったファンだった。

 スタッフらは安全事故防止のため、スタジオの最大収容人数の600人だけを入場させ、400人におよぶ残りのファンたちは入場させなかった。このためジュンスのファンたちは、放送センター前でジュンスが出てくるのを待っている状態だった。

 MBC側はテレビ局の外部で発生する事故を防止するため、正門付近にMBC全体の警備員を全員配置した。またほかの出演者らの安全を考慮し、出演を終えた歌手らの車を後門に誘導する措置を取った。

 しかしそのような状態であることを知らなかったPSYの車が正門を利用したところ、この400人のファンたちが一斉にPSYの車に押し寄せるという事態が発生した。慌てた警備員らは万一の事態に備え、正門に配置されていた消火器を空中に向け噴射した。空中に噴射された消火器の粉はファンたちの頭に落ち、これに激憤したファンたちは『ショー!音楽中心』のホームページをはじめ、MBCに強く抗議した。

 MBCの関係者は「消火器を噴射させたのは方法的には正しいこととは言えないが、一歩間違えれば大型事故につながる危機だった。安全事故が発生しなかったのが幸い」と当時現場にいた関係者の言葉を引用して釈明した。

朝鮮日報/STARNEWS


いかにも韓国って感じ
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国報道

2006年09月01日

【財界NOW】韓国だけの出来事「OINK」

 外資系金融機関の関係者の間で「Oink(オインク)」という言葉が流行っていると、『マネートゥデー』8月31日付が業界の話題として報じている。
 本来の意味は豚の鳴き声を表現する英語の擬声語だが、もちろん、本来の意味通り使うわけではない。「もっぱら韓国だけに起こりうる出来事」(Only In Korea)という強烈な皮肉りだという。
 外資系金融機関の関係者らはとんでもない出来事、常識的に理解できないことがあったときに「オインク」という。ある中小企業の社長は最近、外資系金融機関の代表と昼食をした際、相手から「このところ常識的に理解しがたいことがあまりにも多い」とし、実はオインクという言葉が関係者の間で密かに流行っていると耳打ちされた。
 ある外資系証券会社の関係者も、「私も『オインク』という言葉を聞いたことがある。知人との間で、最近韓国社会でとんでもないことが多いという意味で『オインク』という言葉が使われている」と伝えた。
 同紙は直接、言及していないが、この言葉ができた発端はローンスター問題だと言外に伝えている。
 ある外資系金融会社の役員は、オインクをまだ耳にしたことがないとしながらも「充分にあり得る話だ」として、売却から3年経過した韓国外換銀行が外資へ安値売却されたことが問題となったことを挙げた。「ローンスター問題だけでも、グローバルスタンダードからみれば『オインク』だ」(同役員)。
 またある外資系銀行の役員の話として、「(金融業界に)発展はないのに社会問題が相次いでいることなどが問題。『オインク』もこうした社会の雰囲気に対する冷たい反応ではないか」と語った。【KRN】
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(2) | TrackBack(1) | 韓国報道

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。