2006年08月07日

ヤクザ?圧力団体?犯罪組織?積水ハウス 気持ち悪い企業

【積水ハウス在日支援訴訟】謎のコピペがほぼ事実であることが判明 人権を盾にした料金吹っかけか?
…圧力団体の韓国民潭に負けず劣らずの圧力ですね。積水ハウスは。

積水ハウスは異常な企業なのか?
…気持ち悪い会社です。

積水ハウスのする事か?!
…積水ハウスですから。

積水ハウス社員が差別発言を受けたとして顧客を提訴した件
…とことん気持ち悪い会社ですね。


積水ハウスは気持ち悪い会社でした。おわり
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(23) | TrackBack(0) | 在日

2006年08月06日

犯罪組織バウネットジャパン

朝日新聞がデッチ上げた「第二次NHK番組改変問題」まとめ
…捏造と言えば朝日新聞

慰安婦「強制連行」はなかった
…知ってます

従軍慰安婦強制連行捏造報道
…朝日と韓国は捏造が命です

国際勢力を巻き込んだ謀略裁判劇「女性国際戦犯法廷」
…犯罪組織が結びついた瞬間です


北朝鮮の傀儡であるバウネットジャパンと朝日新聞による合作ですね。
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(1) | TrackBack(2) | 在日

2006年08月04日

在日を愛する朝日新聞は捏造新聞なの?

朝日新聞を購読しましょう
…購読しましょう

朝日新聞の朝日珊瑚事件
…「サンゴ汚したK・Yってだれだ」 と朝日新聞が捏造したから、4月20日は「珊瑚記念日」

検証朝日新聞
…ふむふむ

朝日新聞が、google八分を申請したFAXを入手しました
…朝日新聞っぽいですね


朝日新聞から捏造と偏向を取り上げたら、記事が残らないじゃないか
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(50) | TrackBack(0) | 在日

2006年08月03日

在日も大好きなTBS

TBS放送免許剥奪陳情署名
…潰れていいんじゃない?

TBS偏向報道(まとめ)
…変更報道が大好きなんですね

筑紫哲也「妄言」の研究―『News23』、その印象操作&偏向報道の作られ方
…アフィリじゃないよ


反日放送局TBSは在日や特定アジアにも人気がありそうですね。
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(14) | TrackBack(0) | 在日

2006年08月02日

在日と強制連行

posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(49) | TrackBack(0) | 在日

2006年07月23日

作られた韓流ブームで反日活動の資金収集

韓流なんていらない
…いらない

韓流から我に返る
…次は何を捏造するか

厳選!韓国情報:パクリと起源捏造の国 韓流
…世界の全ては韓国起源

世界に広がれ韓流の輪
…嫌韓を広めましょう

韓流ブーム???
…ブームなんて存在しない


捏造された韓流に踊る阿呆
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(0) | TrackBack(0) | 在日

2006年07月21日

朝日新聞で反日活動

朝日新聞虚偽報道問題
…朝日のお家芸

笑って読もう!! 朝日新聞
…嘲笑ですか

朝日新聞の偏向報道実例集
…お腹いっぱい

朝日新聞の広告主にご挨拶しよう!
…朝日に広告ですかぁ

「朝日新聞」の犯罪
…朝鮮の新聞ですからね


朝日新聞を購読して反日活動を応援する人をウォッチしたいです
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(2) | TrackBack(0) | 在日

2006年07月11日

小沢一郎と民主党

依存症の独り言: 売国政治の系譜
…小沢君は売国民主党の党首ですね

日本国内・売国著名人 民主党
…岡崎トミ子が筆頭です

モノクロ雑記: 民主党が驚愕の売国政策
…まずは沖縄から切り売りするようで

民主党 ジャスコ岡田の売国語録
…前の党首である岡田ですか

日本売国党
…これは面白い

筑紫哲也をほめたたえるページ
…褒めよう褒めよう

変節漢!小沢一郎を許すな!!!
…許すな!


民主党に投票して日本を中国の属国にするのも一興
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(0) | TrackBack(0) | 在日

2006年07月08日

在日への外国人参政権は犯罪者への権利付与

民主党は日本を中国に売るために、外国人参政権を推進しているようですね。

不法入国という犯罪の末裔である在日に対して、参政権など必要ありません。

犯罪者の末裔に参政権など必要ありません。

在日=犯罪者の子孫

在日外国人の地方参政権法案に反対する根拠

在日外国人参政権付与は亡国の道

外国人参政権について

永住外国人への参政権付与問題


犯罪者の子孫である在日韓国人・在日朝鮮人には参政権など必要なし!
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(35) | TrackBack(0) | 在日

2006年06月28日

2006年06月27日

犯罪組織 韓国民潭

総連・民団
…なかなか面白い

在日朝鮮人の犯罪 民潭
…犯罪民族ですから

民潭と差別で押売りし放題
…何でもレイシズムにもっていくのが特徴です

民潭は『なぜ』反日か?
…寄生虫だから


早く帰国できるように支援してあげましょう
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(1) | TrackBack(0) | 在日

2006年03月03日

朝鮮カルトの創価学会

池田大作マジック事件
…朝鮮人らしくてGood

大笑い銭で買った池田大作氏の名誉
…カルトの総裁らしくていいですね

偉大なる指導者池田大作名誉会長
…カルトで成功した池田大作は素晴らしい

池田大作のペテンを暴く!
…ペテン師としても池田は素質があるようです

創価学会の目的は日本国支配だった!?
…創価学会というカルトで征服するつもり?

池田大作帰化人説
…朝鮮民族というゴミのような看板を捨てるなんてモッタイナイ


カルト宗教・創価学会に入会しましょう
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(17) | TrackBack(0) | 在日

2005年10月26日

在日朝鮮人の来歴 〜強制連行という嘘〜

■在日朝鮮人年表
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
在日朝鮮人・在日韓国人の来歴や関連する事件などを紹介
ttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apricot/9959/nenpyou.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・1865年 当時鎖国状態だった大韓民国を日本が開国させる
・1894年〜1895年 大韓民国を属邦扱いする清国(中国)から独立させたい日本は日清戦争を行い勝利
・1910年 日韓併合条約 1945年まで併合。以降1939年までに約100万人の朝鮮人が日本に職を求め渡航
・1920年 日本の各地に住み着いた朝鮮人が急増、付近住民とトラブル → 「朝鮮人内地渡航制限」を実施
                                              ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・1939年 第二次世界大戦勃発
      福岡のみで毎月200名余りの朝鮮人密入国者(この時点で在日朝鮮人 約100万人)
・1944年 1944/9〜1945/3 国民徴用令による朝鮮人徴用労務者期間
                 (朝鮮の言う強制連行。ごく短期間で少数。日本人には1939年から徴用義務あり)
      1944/12〜1948/8/15 「朝鮮人内地渡航制限撤廃」のため大量の朝鮮人が日本に流れ込む。

・1945年 第二次大戦終戦 (在日朝鮮人 約200万人)
      1939年からの増加分70万人は自ら進んで内地に職を求めてきた個別渡航者
      残り増加分30万人は日本からの工鋼業、土木事業の募集に応じてきた者

・1945/8〜1946/3 終戦後、希望する140万人は日本政府により母国朝鮮に帰還
      自由意志によって残留した者は61万人 ← 現在の在日 (内、徴用労務者は245人)
      ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


「強制連行」という嘘を認め始めた在日朝鮮人達 〜新たな局面を迎えた在日という存在〜

従軍慰安婦強制連行捏造報道

我が国による朝鮮人の 強制連行なんて無かった

【史料】強制連行の嘘を暴く
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(2) | TrackBack(0) | 在日

2005年07月15日

在日を強制送還しましょう♪

■ 時の首相・吉田茂氏がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書(1949年)

朝鮮人居住者の問題に関しては、早急に解決をはからなければなりません。
彼らは総数100万にちかく、その半数は不法入国であります。
私としては、これらすべての朝鮮人がその母国たる半島に帰還するよう期待するものであります。
その理由は次の通りであります。

(1) 現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能であります。
米国の好意により、日本は大量の食糧を輸入しており、その一部を在日朝鮮人を養うために使用しております。
このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。
朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、将来の世代に負わせることは不公平であると思われます。

(2) 大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません。

(3) さらに悪いことには、朝鮮人の中で犯罪分子が大きな割合を占めております。
彼らは、日本の経済法令の常習的違反者であります。彼らの多くは共産主義者ならびにそのシンパで、
最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、常時7000名以上が獄中にいるという状態であります。

さて、朝鮮人の本国送還に関する私の見解は次の通りであります。

(1) 原則として、すべての朝鮮人を日本政府の費用で本国に送還すべきである。

(2) 日本への残留を希望する朝鮮人は、日本政府の許可を受けなければならない。
許可は日本の経済復興の貢献する能力を有すると思われる朝鮮人に与えられる。 

上述のような見解を、原則的に閣下がご承認くださるならば、
私は、朝鮮人の本国帰還に関する予算並びに他の具体的措置を提出するものであります。

                    敬具 吉田 茂




昭和34年の朝日新聞記事

外務省、在日朝鮮人で発表
大半、自由意志で居住 − 戦時徴用は245人
http://www.nikaidou.com/clm2/0512/zainichikakudai.jpg

在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで
「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、
いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、
外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。
これによれば在日朝鮮人の総数は約六十一万人だが、
このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は
二百四十五人にすぎないとされている。主な内職は次の通り。

一、戦前(昭和十四年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約百万人で、
終戦直前(昭和二十年)には約二百万人となった。
増加した百万人のうち、七十万人は自分から進んで内地に職を求めてきた
個別渡航者と、その間の出生によるものである。残りの三十万人は大部分、
工鉱職、木事職の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令による
徴用労務者はごく少数である。(後略)

一、終戦後、昭和二十年八月から翌年三月まで、希望者が政府の配給、
個別引揚げで合計百四十万人が帰還したほか、
北朝鮮へは昭和二十一年三月、連合国の指令に基く
北朝鮮引揚計画で三百五十人が帰還するなど、終戦時までに
在日していた者のうち七五%が帰還している。戦時中に来訪した労務者、
復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、
残留した者はごく少数である。
現在、登録されている在日朝鮮人は総計六十一万人で、
関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は
二百四十五人にすぎず、現在、日本に居住している者は
犯罪者を除き、自由意志によって在留した者である。




この碑は、戦後1947年6月23日に、川崎区池上新町の朝鮮人集住地区を
酒税法違反で捜査していた税務署員故端山豊蔵氏が、その捜査後に税務署
からの帰宅途中を報復目的の朝鮮人兇漢数名に待ち伏せされ、税務署員か
と誰何され、そうだと答えると殴打暴行を受け、その三日後に死亡したことに
由来する追悼の碑です。

建立 : 1950年10月
場所 : 川崎南税務署敷地内
碑名 : 殉職官吏故端山豊蔵之碑
碑表 : 故池田勇人元大蔵大臣
碑誌 : 故阪田泰二元東京国税局長
備考 : 加害者は傷害致死で懲役7年

東京国税局長阪田泰二氏(当時)による碑の建立趣旨文には、「和22年
6月23日第三国人酒税密造の報に接し卒先課員を統卆してこれが取締に
當たりたる處不幸、凶漢の不逞の報復に遭い遂に前途有為の身を犠牲に
供しその職に殉ずるにいたり」とあります。

詳しくはこちらの「税務職員の殉難小史(PDF)」をご覧下さい。
http://www.ntc.nta.go.jp/kenkyu/ronsou/12/107/ronsou.pdf
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(40) | TrackBack(0) | 在日

在日を強制送還しましょう♪

■ 時の首相・吉田茂氏がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書(1949年)

朝鮮人居住者の問題に関しては、早急に解決をはからなければなりません。
彼らは総数100万にちかく、その半数は不法入国であります。
私としては、これらすべての朝鮮人がその母国たる半島に帰還するよう期待するものであります。
その理由は次の通りであります。

(1) 現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能であります。
米国の好意により、日本は大量の食糧を輸入しており、その一部を在日朝鮮人を養うために使用しております。
このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。
朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、将来の世代に負わせることは不公平であると思われます。

(2) 大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません。

(3) さらに悪いことには、朝鮮人の中で犯罪分子が大きな割合を占めております。
彼らは、日本の経済法令の常習的違反者であります。彼らの多くは共産主義者ならびにそのシンパで、
最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、常時7000名以上が獄中にいるという状態であります。

さて、朝鮮人の本国送還に関する私の見解は次の通りであります。

(1) 原則として、すべての朝鮮人を日本政府の費用で本国に送還すべきである。

(2) 日本への残留を希望する朝鮮人は、日本政府の許可を受けなければならない。
許可は日本の経済復興の貢献する能力を有すると思われる朝鮮人に与えられる。 

上述のような見解を、原則的に閣下がご承認くださるならば、
私は、朝鮮人の本国帰還に関する予算並びに他の具体的措置を提出するものであります。

                    敬具 吉田 茂




昭和34年の朝日新聞記事

外務省、在日朝鮮人で発表
大半、自由意志で居住 − 戦時徴用は245人
http://www.nikaidou.com/clm2/0512/zainichikakudai.jpg

在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで
「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、
いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、
外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。
これによれば在日朝鮮人の総数は約六十一万人だが、
このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は
二百四十五人にすぎないとされている。主な内職は次の通り。

一、戦前(昭和十四年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約百万人で、
終戦直前(昭和二十年)には約二百万人となった。
増加した百万人のうち、七十万人は自分から進んで内地に職を求めてきた
個別渡航者と、その間の出生によるものである。残りの三十万人は大部分、
工鉱職、木事職の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令による
徴用労務者はごく少数である。(後略)

一、終戦後、昭和二十年八月から翌年三月まで、希望者が政府の配給、
個別引揚げで合計百四十万人が帰還したほか、
北朝鮮へは昭和二十一年三月、連合国の指令に基く
北朝鮮引揚計画で三百五十人が帰還するなど、終戦時までに
在日していた者のうち七五%が帰還している。戦時中に来訪した労務者、
復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、
残留した者はごく少数である。
現在、登録されている在日朝鮮人は総計六十一万人で、
関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は
二百四十五人にすぎず、現在、日本に居住している者は
犯罪者を除き、自由意志によって在留した者である。




この碑は、戦後1947年6月23日に、川崎区池上新町の朝鮮人集住地区を
酒税法違反で捜査していた税務署員故端山豊蔵氏が、その捜査後に税務署
からの帰宅途中を報復目的の朝鮮人兇漢数名に待ち伏せされ、税務署員か
と誰何され、そうだと答えると殴打暴行を受け、その三日後に死亡したことに
由来する追悼の碑です。

建立 : 1950年10月
場所 : 川崎南税務署敷地内
碑名 : 殉職官吏故端山豊蔵之碑
碑表 : 故池田勇人元大蔵大臣
碑誌 : 故阪田泰二元東京国税局長
備考 : 加害者は傷害致死で懲役7年

東京国税局長阪田泰二氏(当時)による碑の建立趣旨文には、「和22年
6月23日第三国人酒税密造の報に接し卒先課員を統卆してこれが取締に
當たりたる處不幸、凶漢の不逞の報復に遭い遂に前途有為の身を犠牲に
供しその職に殉ずるにいたり」とあります。

詳しくはこちらの「税務職員の殉難小史(PDF)」をご覧下さい。
http://www.ntc.nta.go.jp/kenkyu/ronsou/12/107/ronsou.pdf
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(1) | TrackBack(0) | 在日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。