2009年03月28日

テロリスト・福島瑞穂(福島みずほ)は北朝鮮の国益のために活動します♪

北朝鮮のミサイルを、どうしても人工衛星ということにしたい福島瑞穂先生を応援してみる。

「極左」と指弾された福島瑞穂

福島みずほというバカ女

遂に自民党議員にも極左名指しされた福島瑞穂

やっぱ代議士にもテロリストがいるからこそ面白い。
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(909) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2009年01月11日

北朝鮮の工作員・浅野史郎は宮城県を借金漬けに

親韓派浅野史郎応援記事

浅野史郎氏のマニフェストは公共行事の日の丸掲揚中止、東京オリンピック撤退。

革マル系団体、反日中国団体、プロ市民、旧社会党勢力、朝鮮総連が全面支持する浅野史郎氏は信頼できる売国奴。

宮城県政を財政破綻巨額赤字増大させた浅野氏であるが、3期分退職金数億円を満額貰った人気者浅野氏、同じ失敗はしないだろう。

■浅野史郎氏の功績
・情報公開 という名の機密漏洩
・入札改革 という名の景気悪化
・多額の借金
・捜査褒賞費の予算執行停止 という名の警察の捜査力低下
・三本木町大規模保険施設事業の凍結 という名の保険業務妨害ならびに三本木用地の宙ぶらりん化
・首都機能の誘致活動 という名の売名行為
・「韓国観光公社」の観光名誉広報大使 という名の売国活動
・「隣の近くの国の悪口を言っちゃいけないと思いますよ」 と言論統制

■浅野氏語録
北朝鮮拉致事件は存在しないという見解もある自ら北朝鮮へ渡っている場合も多い
南京大虐殺、従軍慰安婦問題は、首都として率先して謝罪、賠償すべきである
「宮城の財政破綻は私の責任ではない。県職員の怠慢、県民の納税率等問題があった」
「都知事報酬は余りに低額。70%以上増額が妥当、それ程の激務だ」
浅野氏擁立市民の会は浅野氏の自作自演との指摘に「うっぁぐぅ・・ノーコメン・・・」
「あの人は宮城を財政破綻させた」県民の発言に対し、浅野氏「怠慢な県民が多かったから仕方ない」.

素晴らしい!北朝鮮と中国の代弁者!!


【浅野出馬】やっぱり左翼プロ市民がヨイショ

浅野史郎を応援する人たち

浅野史郎・元宮城県知事の胡散臭さ
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(35) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2007年07月28日

在日歌劇団ヤミ集金の舞台…総連支援自治体が

金剛山歌劇団のステージに潜む仕掛け…それは組織への巨額集金だ。一方、本部差し押さえに朝鮮総連が震える中、総連擁護を貫く自治体が多数残存。その詳細が判明した。
画像

北朝鮮=朝鮮総連の暗黒性とは、単に悪辣な外国人犯罪集団に留まらず、行政や司法に深く根を張って一体化していることだ。それは破滅的なレベルまで我が国を浸食している。

北朝鮮=総連のプロパガンダ組織を巡って、新たな動きがあった…

総連劇団である金剛山歌劇団が今年9月に仙台市民会館での公演を強行しようと謀っていた。それに対し、仙台市は会館の使用許可を取り消し、公演を中止に追い込んだ。当然とは言え、大英断である。
▽金剛山歌劇団のステージ(K-POPプロジェクト)
画像

梅原克彦市長、ナイスだ。理由は妨害行為などで混乱が予想されるという主旨だったが、背景には、金剛山歌劇団の正体を見抜いたうえでの“市外追放”だった。梅原市長は、こう断言していた。

「金剛山歌劇団は営利団体であり、朝鮮総連の一機関であります。朝鮮総連は、いうまでもなく現在の北朝鮮の政権政党である朝鮮労働党の指揮監督下にあります。(略)そして現在、捜査当局が、総連についていろいろな捜査を行っていますが、特定の拉致の事案についても、組織的な関与が疑われています」(6月11日記者会見)
▽梅原克彦市長(仙台市HP)
画像

ところが、梅原市長の英断に対して、総連宮城のドン・朴広基(パク・クワンギ)が恫喝抗議を始め、訴訟を起こした。そして7月25日、仙台地裁の裁判長・小野洋一は、総連サイドの主張を丸呑みし、公演を認める判決を出したのだ。

「市民会館が使えなければ同時期の公演は事実上不可能で、憲法が保障する表現の自由や集会の自由への制約になる」

相も変わらず「表現の自由」を悪用した厚顔無恥の判決。司法が在日犯罪集団の悪業を側面支援するものだ。仙台地裁に限らず、法曹界にも在日利権の深い根が張り巡らされている…
▽会見する総連宮城の弁護団(朝日新聞)
画像

国賊・小野洋一は、金剛山歌劇団が単なる芸術団だなどと信じているのか?

【独裁者マンセー舞台が文化交流か?】

総連宮城の最高権力者・朴広基は7月3日、訴訟にあたって、こう放言していた。

「われわれ主催者も仙台市民。民間の文化交流が中止となる前例を仙台がつくることになれば残念だ」

朴広基のバックにいる在日シンパの弁護団も同様に「文化交流」を連呼し、更に「表現・集会の自由」を訴えていた。金剛山歌劇団の公演が文化交流など、悪質なジョークだ。歌劇団の性格は全く違う…
▽金剛山歌劇団
画像

金剛山歌劇団の前身は昭和30年結成の「在日朝鮮中央芸術団」だが、昭和49年に現在の名称に変わった頃から、金一族のプロパガンダ組織に堕して行ったという。
朝鮮総連のインサイダーだったジャーナリストの金賛汀(キム・チャンジョン)氏は、その変化を、こう指摘している。

「民族文化を在日同胞に普及させるという目的から、金日成の『偉大さ』を歌劇や舞踊で宣伝するという役割に変質していった。歌舞の至る場面で演じられる『金日成天師様万歳!』の過激なまでの讃歌。それに嫌気がさした在日同胞のファンの多くが幻滅し、離れていった」(『朝鮮総連』新潮新書137頁)

今ならさしずめ「金正日マンセー」だろう。プログラムは北朝鮮独裁体制の宣伝であって文化交流とはかけ離れたものだ。半島芸術を騙るプロパガンダ機関である。
▽4年前の公演ポスター(自治労福岡HPより)
画像

北朝鮮の体制宣伝が、日本国の公営ホールで演じられるだけでも異常だが、本当の目的はプロパガンダでは済まない。もっと腹黒い目的が秘められている。

【歌劇団による巨額集金ステージ】

朝鮮総連のATMは、全国に散らばる在日商工人。玉入れ・ヤミ金で荒稼ぎする悪徳商人から地道な工場経営者まで様々だ。

昭和50年頃までは在日1世の商工人から膨大な献金が総連に集まったが、2世の代になると急にカネを出し渋るようになったという。そこで、総連中央や地方本部が新たな集金システムとして利用し始めたのが、劇団公演だった。
▽金剛山歌劇団の舞台(コリアンマンス)
画像

在日ブラックマネーを知る総連元財政局幹部の韓光煕(ハン・グァンヒ)氏は、金剛山歌劇団の“舞台裏”を、こう明かしている。

「全国の商工人から献金を募る隠れ蓑として、もっとも有効に利用されていたのが、金剛山歌劇団の公演だった。(略)歌劇団の運営には莫大なカネがかかる。チケットの販売だけではとても足りないから、地方公演のたび、行く先々でその地方の商工人から寄付を募っていた」(『わが朝鮮総連の罪と罰』文春文庫193頁)
画像

つまり金剛山歌劇団とは総連=北朝鮮の集金マシーンである。今回の仙台公演も、文化交流などは飾り文句で、実態は総連のカネ集め。梅原市長はそれに気付いていたが、国賊・小野洋一は犯罪組織の裏ガネ集めに司法のお墨付きを与えた格好である。

その公演で掻き集めるカネは見逃せる額ではない。東京公演では想像を絶する巨額の裏ガネが集まるという。無料リサイタルとして主な在日商工人に配る招待券がくせ者で、実際に見聞した韓氏は、こう暴露している。

「商工人たちは無料招待券を貰ったお礼に、のし袋に包んだ手形を持ってくる。手形には数百万円から2,000万円〜3,000万円ほどの数字が書いてある。受付のところには芳名帳が置いてあって、そこには住所と名前のみならず、持参した手形の金額も書き入れねばならない」(前掲書193頁)

そして韓氏は、過去に1回の公演で100億円以上集まったケースもあったと明かしている。芸術公演などまやかしで、実態はカネ集めの興行だ。

【訴訟の在日は巨額脱税の居座り男】

金剛山歌劇団の公演で集めた献金は、もちろん帳簿に載らない黒いカネだ。国税当局の目を逃れてヤミ献金を掻き集める脱税テクニックのひとつだ。それを司法が薦めているのだから、罪は深い。

そして、公演を多くの在日商工人が望んでいないことも理解できるだろう。公演がなければヤミ寄付金を払う必要はない。仙台地裁の判断は、裏腹に一般半島人を困らせ、ただ総連幹部を太らせるだけだ。
▽総連宮城幹部・朴広基=左端(河北新報)
画像

訴訟を起こした朴広基は、仙台公演実行委員会の会長を名乗り「仙台市民」であることを強調していた。しかし通常の肩書きは総連宮城県本部委員長である。

小泉訪朝の直後に、朝鮮学校の助成金を出せと訴えて宮城県知事室に乗り込んだのも、この朴広基である。在日シンパの浅野史郎とはフレンドの関係だろう。更に、もうひとつの顔は不動産業者「大同商事」社長。

つい最近のエントリで触れたばかりだが、県本部が入る宮城総連会館の所有者が「大同商事」だ。尚かつ、この会館は10年前から固定資産税の滞納し、差し押さえ処分を受けていた。

それでも朴広基はビル占拠を続け、仙台市側を恫喝。税の滞納額は実に1000万円を超すと見られている。市民として最低の義務も果たしていない脱税外国人に過ぎない。
▽滞納を続ける総連宮城会館(河北新報)
画像

それが裁判では「仙台市民」を主張するのだから、赤面ものだ。税金をブッチ切る滞留外国人などに文句を言う資格はない。仙台市は、総連施設の非公共性を認め、課税対象にしている。当然の措置だ。

しかし、なおも全国レベルでは総連とズブズブの自治体が多数残っている。

【北朝鮮の因縁を全会一致で却下】

金剛山歌劇団の判決が出る前日、総務省は総連施設に対する課税状況の最新リポートをまとめた。平成19年度の実績だ。それによると、全国137自治体のうち、総連保護を打ち出しているのは75地域だった。

実に、総連施設がある自治体の約55%が、国の通達を嘲笑って、総連支持の立場を貫いているのだ。目眩を催すような異常事態である。

7月20日、東京地裁は総連本部を「北の在外公館」と認めず、課税は正当との判決を下した。過去にも別の県で同様の判決が出ているが、改めて総連側の税逃れの主張を退けた司法判断となる。
▽朝鮮総連中央本部(AP)
画像

ちなみに、この訴訟で総連サイドは「本部ビル所有者と朝鮮総連は一体」と訴えていたが、RCCとの競売訴訟では「総連と所有者は別だ」と強弁。まったく矛盾する主張だ。

本部ビル差し押さえで狼狽する朝鮮総連は「競売は人権弾圧だ」と毎度の論法で問題をすり替え、悪あがきしている。これには北朝鮮も擁護する構えを見せ、国連で“問題提起”を行なった。

しかし、赤っ恥をかいて終わりだ。

北朝鮮は7月24日、国連総会の場で総連本部事件などを人権弾圧・政治テロと非難し、次席大使が議題にするよう要求。これに対して日本の神余隆博次席大使が発言し、一蹴する一幕があった。
▽発言する神余次席大使(JNN)
画像

「北朝鮮の主張は、この問題の事実関係をねじ曲げている。この事案は外国人排斥とは、まったく関係ない」

結局、北朝鮮の要求は全会一致で速やかに却下されて終了。無駄な打ち上げ花火だった。また、この北朝鮮の動きに先立って、国士・大島賢三国連大使が総会議長あてに書簡を送り「競売は債権回収によるもの」と説明していた。
▽大島賢三国連大使・昨10月
画像

ちなみに大島国連大使は8月初旬に退任し、2年半の任期を全うする。大島&ボルトンのコンビが光った1718号決議に際しては、従来にないパワー外交を見せて貰ったが、何か遠い出来事のようにも思える…

北朝鮮お得意の因縁など今や国連参加国も鼻にかけない。だが、その中で我が国の一部自治体が旧態依然として総連寄りの態度を保っているのは問題だ。

【総連シンパ33自治体の全容判明】

総連施設に課税しない自治体とは一体どこなのか?

総務省もHPなどで公表せず、マスコミも具体的に自治体名を伝えていない。ところが27日付けの「救う会ニュース」が、脱税支援の75自治体を明かしていた。

特に悪質な全額減免の自治体33は、以下の市と町だ。

▼北海道…札幌、釧路、帯広、苫小牧▼福島県…会津若松、いわき▼群馬…前橋、桐生▼千葉県…茂原▼福井…福井▼長野県…松本、上田▼岐阜県…各務原▼愛知県…一宮、春日井、豊田▼三重県…津▼大阪府…高槻、守口、和泉▼岡山県…岡山、倉敷、備前、津山▼広島県…福山、大竹▼山口県…周南▼香川県…高松▼福岡県…福岡、水巻、苅田▼佐賀県…佐賀▼長崎県…佐世保
参照:救う会全国協議会ニュース7月27日

当道府県単位で偏りがあるのが特徴だ。一部減免まで含めると、北海道、愛知や大阪、兵庫、岡山など総連の地盤の強いエリアが透けて見えてくる。県や府の首長の方針に加え、有力な地元国会議員の影響があるのではないか。
▽脱税特権を与えられた北海道本部(BNN)
画像

総務省は今年4月にも再度、総連擁護の自治体に対して減免措置を改めるよう通達を出した。総務事務次官名での通達だ。地方自治体にとって総務省は、いわば監督官庁で、事務方トップの声は“天の声”に等しい。

それを突っぱねるには余程の度胸が必要だ。総務省との真っ向勝負である。地方役人の「事なかれ主義」が減免を支えているとする説は成立しない。行政の利権構造と密接な関係にあると考えられる。
▽金剛山歌劇団と懇談する札幌・上田市長
画像

メディアは一様に「総連の凋落」を喧伝するが、このような事態を直視すると、まだまだ総連の暗黒パワーは健在…

日本という主権国家に入り込んだ“ミニ北朝鮮”を叩き潰すには、一段激しいプレッシャーを絶え間なく与え続けなければならない。
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(3119) | TrackBack(1) | 北朝鮮

2007年04月08日

カルト宗教である創価学会は北朝鮮の宗教なんだよね

創価学会って、典型的なカルトだよね。

学会員は北朝鮮に送金しているのと変わらないんだから、全て外為法違反で摘発してもらいたいなぁ。


創価学会は北朝鮮宗教である

創価学会による被害者の会

創価学会問題

政権の一角に不気味に食い込む憲法違反の政教一致政党 創価学会ー公明党
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(14) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2007年03月11日

北朝鮮の味方である浅野史郎が都知事選に?(大爆笑)

親韓派浅野史郎応援記事

浅野史郎氏のマニフェストは公共行事の日の丸掲揚中止、東京オリンピック撤退。

革マル系団体、反日中国団体、プロ市民、旧社会党勢力、朝鮮総連が全面支持する浅野史郎氏は信頼できる売国奴。

宮城県政を財政破綻巨額赤字増大させた浅野氏であるが、3期分退職金数億円を満額貰った人気者浅野氏、同じ失敗はしないだろう。

■浅野史郎氏の功績
・情報公開 という名の機密漏洩
・入札改革 という名の景気悪化
・多額の借金
・捜査褒賞費の予算執行停止 という名の警察の捜査力低下
・三本木町大規模保険施設事業の凍結 という名の保険業務妨害ならびに三本木用地の宙ぶらりん化
・首都機能の誘致活動 という名の売名行為
・「韓国観光公社」の観光名誉広報大使 という名の売国活動
・「隣の近くの国の悪口を言っちゃいけないと思いますよ」 と言論統制

■浅野氏語録
北朝鮮拉致事件は存在しないという見解もある自ら北朝鮮へ渡っている場合も多い
南京大虐殺、従軍慰安婦問題は、首都として率先して謝罪、賠償すべきである
「宮城の財政破綻は私の責任ではない。県職員の怠慢、県民の納税率等問題があった」
「都知事報酬は余りに低額。70%以上増額が妥当、それ程の激務だ」
浅野氏擁立市民の会は浅野氏の自作自演との指摘に「うっぁぐぅ・・ノーコメン・・・」
「あの人は宮城を財政破綻させた」県民の発言に対し、浅野氏「怠慢な県民が多かったから仕方ない」.

素晴らしい!北朝鮮と中国の代弁者!!


【浅野出馬】やっぱり左翼プロ市民がヨイショ

浅野史郎を応援する人たち

浅野史郎・元宮城県知事の胡散臭さ
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(7) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2006年09月28日

カルト宗教 創価学会 〜世界のゴミ〜

北朝鮮のカルト宗教である創価学会は素敵です。

日本に巣食うゴミ宗教、もといカルト宗教である創価学会を勉強しましょう。

創価学会による被害者の会

フランス国営放送の『創価学会――21世紀のカルト』

創価学会は北朝鮮宗教である

創価学会体験記

創価学会問題

キチガイ集団って本当にいるんですね。
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2006年09月09日

2006年08月21日

北朝鮮の犯罪組織 朝鮮総連

posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(1) | TrackBack(0) | 北朝鮮

2006年07月26日

北朝鮮が誇る宗教団体 創価学会

創価学会による被害者の会
…北朝鮮の宗教による被害者の会ですね

創価学会問題
…問題山積です

創価学会は北朝鮮宗教である
…そうである

ビラのHP オウム真理教と北朝鮮の関係
…類似点があるのですね

依存症の独り言: やっぱりカルト=創価学会
…カルトですカルトです


カルトに応援される公明党は安泰です
posted by 在日に強制送還か帰国支援を! | Comment(2) | TrackBack(0) | 北朝鮮

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。